高校卒業程度認定試験(旧大検)をお考えの方へ、10代の頃の私の話

『高校卒業程度認定試験(旧大検)をお考えの方へ、10代の頃の私の話』

こんにちワンッ(∪。・ω・。∪)

わんちゃんの記事ではないのですが

今の私があるのもこの資格取得に大きく

関わっているので、高校を卒業していないけれど

進学したい方や、高校が自分には

合っていないんじゃないかと思う方、前に進みたい方に

向けてお話したいと思います。

私は最高学歴は専門学校卒業(人によっては専門は学歴に入らないって言うのかな?)ですが

高校は卒業していません。できる事なら

卒業はした方が良いと思います。

なんで高校を出ていないのかと言うと

これは書こうかどうしようか、物凄く悩みました。

あまり細かくは言えないのですが、簡単に言うと

道を外れてしまいました。

そのせいで、家族を悲しませて、いろんな方に

たくさんの迷惑をかけました。

今の私を知ってくださっている方には

想像もできないと思います。

家族は昔から大切だったのですが、大切に思えなくなってしまった時期であり

でもやはり、自分にとっての宝は

ずっと大切に支えてくれている家族だと思いました。

自分の人生をやり直したいし、もう家族を

悲しませたくない。なんとか前に進みたい。

そこで目に止まったのは美容師さんのお仕事。

松本理容美容専門学校なら、美容院で働くことを

条件に、中卒でも通信に入れる事が分かりました。

ですが、甘くない。実際に中卒で就職は、正直に難しかったです。

敬語も使えなかった16歳。生意気だったのに

職安の担当さんは、美容院に、お願いしますお願いしますと電話してくださり

私のために面接までつないでくださって

今でも本当に感謝しています。

面接官の方は、『中卒だと、ちょっとねぇ。』実際には

私に足りないことが多すぎて、優しく断ってくださったんだと思います。

どうしようかと考えている時、テレビを見たら

CMで高校卒業程度認定試験について流れました。

勉強して、試験に合格すれば、高校卒業の資格がもらえる。

私は、親に『人生やり直したいです、お願いします』

たくさん嫌な思いも、悲しい思いもさせてしまったけれど

家族みんなが、私を助けてくれました。

17歳になった年の秋。ここから1年と3ヶ月お世話になったのは

松本駅前にある、松本大学予備校です。

毎月手渡しで月謝を支払います。

その方法は今でも変わっていないそうです。

私のために、親が一生懸命働いたお金を

こんなに出してくれていると、毎日感謝していました。

1教科あたりに割って計算したりもしました。

1回だけ、人生初の献血の次の日だけ具合が悪くなり

お休みしてしまいましたが、それ以外は欠かさずに通いました。

高卒認定自体は、どこにも通わなくても

試験に挑戦する事ができます。

私の時代の場合、前もって申込みをして

年に夏と冬に1回ずつ試験を受けることができます。

夏に落としてしまった教科だけ、冬にまた

チャレンジする事ができます。合格すると

証明の証書をもらえるのですが、18歳になる前の方でしたら

18歳になってから交付されます。

そしてこの資格は、大学や専門学校などに

進学するための資格になるので

高卒認定資格だけでは、高校卒業した方と同じと

みなさない企業が多いです。

試験は自分で書き込む欄もありますが

ほとんどマークシートになっています。

私から、恐縮ですがアドバイスさせて頂くと

とにかく過去問を何度も何度も何度も

毎日解いていくことです。私は人生の中で

あんなに勉強したことは無いし、どうして

それが出来たかと言うと、強い信念があったからです。

自分は前に進みたい、家族に悲しい思いはさせない。

どんな道を歩いても、それは全て自分で決めた人生です。

ですが、ひとりでは歩けない。たくさんの

人からの支えがあるからこそ人は生きていけるんです。

支えてもらうばかりではなくて、自分も人を支えて

応援できるのが人として大切な事だと思います。

実際には人生をやり直すことはできません。

どんなに後悔しても、過去をやり直したり消したりすることはできません。

ですが、どんな過去であろうと今だからこそ違う見方が出来ますし、

そこから学ぶ事もたくさんあります。

未来に向かって『今』どうしていくべきか

考えて行動できれば今が変われば未来も

変わっていきます。私は前を向いて歩いています。

予備校の先生たちはとても優しくて、

周りの生徒さんたちとは全然違う様子の私でも

明るく向かい入れてくれました。

今でも感謝していますし、28歳になった今でも会いに行っています。

高卒認定に挑戦した事によって、強い思い

目標のためには全力を尽くして頑張ることを学びました。

そして、たくさんの人への感謝の気持ちでいっぱいでした。

18歳、感謝できるということが、幸せなんだと思いました。

親の言う事もよく聞くようになり、

その当時出会った大切なわんちゃんに癒やされて

言葉遣いも良くなり、気持ちは穏やかになっていきました。

私は、ホラー映画の特殊メイクの仕事にも強い憧れがありましたが

犬関係のお仕事につきたいと決めたのがこの頃です。

専門学校の面接で、『ご両親の教育がとても良い』と

何度も何度も褒めてもらえた事が嬉しかった。

専門学校に合格した時、職安の担当さんにも挨拶に行きました。

雰囲気が変わった私に初めは分からなかった様子だったけれど

すぐに思い出して、物凄く喜んでくださいました。

この仕事をしてきて、こんなに嬉しかったことは無いと。

その方が転勤する、1ヶ月前だったそうです。

会いに行って本当に良かった。

最後に。この話は、あまり人には話さないで生きてきたのですが

高校進学や、中退された十代のお子さんがいらっしゃるお家、本人、

大人になってからも、どうやって進学したら良いのか

悩んでらっしゃる方。集団生活が苦手な子。

そして辛い過去から乗り越えたい方、

前に進みたい方に少しでもお役に立てるのかなぁと

思い投稿する決心をしました。

SNSには負の感情やうまくいかなかったことは

書かないのですが、私にも今でも色々あります。

思いっきり傷つく事もあります。

ですが、どんな時でも前を向いています。

本当に大切な事はなんなのか?

大切な人、存在はだれなのか?

人のせいにはせずに、自分の中で反省して次に活かそう。

そのためにはどうしたら良いのか。

自分はなにがしたいのかと。

成長させて頂けている環境にも感謝していますし、

私には仲間がたくさんいます。

仲間に感謝、いつもありがとうございます(*ᴗˬᴗ)⁾⁾

長過ぎましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

The following two tabs change content below.
narumi123

narumi123

ハワイには行った事がないけれど、ずっとフラダンスを習い続けている米山成美です^^わんちゃんは、み~んな!もちろん大切!どんなわんちゃんに対しても、必ず愛情をこめてお預かりさせて頂いています。理念は『気持ちはどの子も自分の子』です!そして、ご家族の皆様の事もとってもとっても大切なんですよ♪皆様の1日1日が素敵な日でありますように。私は『愛情・情熱・親切・感謝』の気持ちを胸に、ご家族と愛犬ちゃんが安心と、あたたかい気持ちでいっぱいになるお手伝いがしたいです^^
narumi123

最新記事 by narumi123 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

narumi123

ハワイには行った事がないけれど、ずっとフラダンスを習い続けている米山成美です^^わんちゃんは、み~んな!もちろん大切!どんなわんちゃんに対しても、必ず愛情をこめてお預かりさせて頂いています。理念は『気持ちはどの子も自分の子』です!そして、ご家族の皆様の事もとってもとっても大切なんですよ♪皆様の1日1日が素敵な日でありますように。私は『愛情・情熱・親切・感謝』の気持ちを胸に、ご家族と愛犬ちゃんが安心と、あたたかい気持ちでいっぱいになるお手伝いがしたいです^^